キャッシングの限度額はいくらまで?

最初に結論を述べておくと、キャッシングの限度額は「年収の3分の1」までと定まっています。これは総量規制と呼ばれる法律が関わっており、その法律によって利用しているすべての消費者金融の借り入れ額は年収の3分の1までと決められているのです。

例えば年収300万円のPさんがA社で50万円、B社で30万円の借り入れをしているとしましょう。Pさんが新たな消費者金融C社に申し込みをしたとします。そして、C社の審査に通った場合はPさんは年収の3分の1である100万円まで、つまり20万円までしかC社から借り入れすることができません。Pさんの借り入れ情報は各消費者金融社で共有されているので、絶対に上限を超すことはできないのです。

したがって、消費者金融でのキャッシング限度額は「年収の3分の1まで」と必ず頭の中に叩き込んでおいてください。