キャッシングの審査基準として信用情報がある

キャッシングを利用する際には必ず審査がありますが、その基準は会社ごとに様々です。ただ、その基準は大きく分ければ、安定した収入があるか、勤務先の在籍確認が出来たかどうかなどといった属性的な側面と、過去に借り入れで滞納した履歴がないかといった信用情報関連の2つがあります。

特に、審査になかなか通らないという場合には、信用情報に問題があるケースも多いのです。例えば、過去のキャッシング利用の際に1ヶ月以上の滞納があった場合や、現時点で複数の会社から同時に借り入れをしている場合が該当します。複数の借り入れの場合、何社までなら審査に通過できるかという基準はキャッシング会社によって様々ですが、概ね3社程度が目安となります。借り入れに関して言えば、ごく短期間の間に、複数のキャッシング会社に借り入れの申し込みをしている場合も当てはまります。いきなり多くの業者に申し込みをすると、審査に落ちる可能性がありますし、申し込みをしたキャッシング会社の審査に落ちた直後に、別の会社に申し込みをした場合でも、審査に通過しにくくなります。審査に落ちたかどうかも、信用情報としてキャッシング会社間で共有されているのです。

キャッシングは会社側と利用者側の信頼関係によって成り立つものです。会社側は誰にでもお金を貸すわけではありません。信用できるかどうかを見定めた上で、借り入れを認めるため、もし「審査になかなか通らない」という場合には、信用情報に問題はないか、その問題を改善できないかを申し込み前に確認しておくといいでしょう。