返済遅延が続くことで信用情報がブラックになる基準

返済を滞らせると、信用情報にも影響が出るわけですが、信用情報でブラックになる基準というのがおおよそ決まっています。

基本的に、三か月連続で返済を怠るとブラックリストに入るようになっています。

アパートの賃貸の解約と同じような期間でありますが、おおよそそれくらいを目安にするといいでしょう。

多少の延滞については仕方のないことだという風にしても、遅れが長引くとまずいということです。

また、ブラックリストに載らなくても、返済が遅れるとそれも信用情報に乗りますので、他で借り入れをするときなどにも影響が出るようなケースもあります。

返済はできる限り遅れないようにきっちりと返済し、偏差が遅れそうでもすぐに連絡をしておきましょう。